口腔外科相談室

診療科目
一般歯科、歯周治療、補綴治療、口腔外科治療、

インプラント治療、審美歯科、有病者歯科


詳しくはこちら   親知らず   インプラント   ホワイトニング    保険外料金表

診療科目
 虫歯の治療を行います。
 小さな虫歯の治療では、虫歯の部分を削って、光重合レジン(強化プラスティック)で埋めるだけで治療は終わります。1回で治療終了。

 中程度の虫歯では、虫歯を削り取った後に金属で置き換える処置が必要になります。
歯を削った後に型を採って、仮のふたをして1日目は終了。そして、2回目の来院時に金属を接着剤でくっつけて終わります。2回の来院が必要です。

 大きな虫歯や、痛みのある虫歯の場合は麻酔の注射をして歯の神経を取る処置が必要です。この治療では最低4回の通院が必要です。(痛みが続く場合は痛みがなくなるまで何回かお薬の交換が必要になります。)

診療科目
いわゆる歯槽膿漏で、歯ぐきから血が出たり、膿が出たり、歯がグラグラになってうまく噛めない場合の治療です。

 歯槽膿漏は歯に付着した歯石が原因ですので、歯石を超音波で粉砕して除去します。このときの音が不快に感じると思いますが、きれいに除去しないと歯槽膿漏は治りません。

 歯石が付着する場所によって縁上歯石(歯ぐきの上側・クリーム色)、縁下歯石(歯周ポケットの中・黒い)に分けられ、歯槽膿漏の治療には、特にこの縁下歯石の除去が欠かせません。

 重症の場合は麻酔をして無痛的に除去を行い、場合によっては手術となることもあります。

診療科目
 虫歯、歯槽膿漏で歯を失った部分に人工の歯を入れる治療です。

 入れ歯(総入れ歯、部分入れ歯)、ブリッジ、差し歯などがこれに当たります。

 いずれも型を採って、合わせてみて(試適)、セットと最低3回の治療が必要になりますが、セットした後も入れ歯の調整など、メンテナンスが必要です。

 メンテナンスを怠ると、合わない、痛い、噛めないなどの症状が出てきます。

診療科目
 歯を抜く(親知らずを含む)ことから、口腔腫瘍の治療までを含む広い範囲の治療で虫歯、歯槽膿漏、入れ歯治療以外のすべてを行います。

 病気の種類はたくさんあって、口が渇く、口臭がする、おできができた、味覚がおかしい、歯のないところが痛い、口内炎が治らない、などなど、、、最近患者数が増えている顎関節症(口が開かない、音がするなど)の治療も行います。

 がんの治療も含みますが、設備の問題で当院では行っていません。大学病院へ紹介します。

診療科目
 虫歯、歯槽膿漏で歯を失ったところに人工歯根(インプラント)を使って噛めるようにする治療です。

 保険適用外で金額も高くなりますが、入れ歯とは異なり、ご自分の歯とほとんど同じように使うことができ、違和感もほとんど無く、おいしく食事がとれます。

 欠点として、治療期間が長くなることが挙げられます。インプラントを埋める処置(1次手術)から、上あごの場合は4ヶ月、下あごでは3ヶ月の間は何もせずに、骨とインプラントが結合するまで待ちます。

 その後、人工歯をつけるアダプターをつける手術(2次手術)をしてから型を採って、歯をセット。治療期間は5−6ヶ月になります。

診療科目
 自然で美しい歯を提供します。

 虫歯や神経の処置で黒ずんだ歯や、抗生物質による着色、加齢によるくすんだ歯を元通りの白い歯にするホワイトニング。保険で入れた色が変わった差し歯、黒ずんだ歯ぐき、奥歯の銀歯をセラミック(陶材)で自然な色調の歯にします。

診療科目
 糖尿病、高血圧、心臓病、自己免疫疾患などの全身疾患や薬剤、金属アレルギーを持つ患者さんの歯科治療も行っています。

 最近は、骨粗しょう症の治療中の歯科治療が問題となっています。

 病気によっては歯の治療にリスクを伴う場合もありますので、ご相談ください。

 担当医と連絡を取りあい、歯科治療を進めていきます。



Copyright (C) 2010 Stella Dental Clinic All Rights Reserved